7月3日(日)      

横浜歩け歩け運動連合会

青空と緑の自然ふれあいウォーク 04-④ 神奈川区 8キロ 昼食不要) 

海舟設計の神奈川台場跡と綿花橋からコットンハーバーへ

(マスク着用願います)

集  合:午前9時 横浜そごう2階 鐘の広場(横浜駅東口5分) 
                                     
コ  ー ス神奈川公園 〜棉花橋 〜 神奈川台場跡 〜 神奈川台場公園 〜 星野町公園 〜 コットンハーバー地区 〜 瑞穂大橋 ~ 一之宮 ~ 新子安駅

解  散:正午頃 新子安駅(JR京浜東北線 / 京浜急行線)

参 加 費:会員200円 他協会員300円(会員証提示)一般500円(当日受付 どなたでも可)

問合せ先:090-5309-1486 (横浜歩け連合 大菊)


[見どころ]
 

 横浜駅東口、鐘の広場(横浜そごう2階)を出発。

 神奈川公園を目指す。

 休憩後、棉花橋を渡って勝海舟が設計した、神奈川台場(砲台)跡へ。

 神奈川台場公園を通り、浜通りに入り、星野橋人道橋から龍宮橋を眺めて、横浜コットンハーバーへ。

コットンハーバーの夜景

 神奈川台場資料館は休館中。

 初代南極船 “宗谷” を改造した、日本鋼管浅野ドッグ跡(浅野造船所)へと向かいます。

左:神奈川台場跡 上:一之宮神社 下:オルトの広場

 コットンハーバー地区から、瑞穂ふ頭(ノースピア)と、横浜港(ベイブリッジ等)を眺めて、瑞穂大橋を渡ります。

 時雨橋から浜通りに戻り漁師街を通り、常盤橋を左折して、国道を渡り、横浜一之宮神社に参拝します。

 新子安オルトの広場で解散式を行い、JR 新子安駅へ。

横浜コットンハーバーの名前の由来は、“洗いざらしの綿のように” というコンセプトと、かつて近隣にあった、綿花町から取った名前です。

 久しぶりの知られざるコースなので、皆さんのご参加お待ちしております。